スポンサードリンク

陽川尚将の入団拒否(巨人)。韓国戦での怪我や病気など苦労人。金光大阪時代から評価のあるホームラン今年2016年の阪神タイガースにて、
ブレイク必須と言われているの陽川尚将選手です。

高校時代は金光大阪でホームランバッターとして評価され、
巨人にドラフトされるが入団拒否
そして、進学した東京農業大学でもホームランを量産

2013年になりもの入りで念願の阪神に入団しました。

大阪出身で大学以外の経歴は全て大阪・・・。

金本監督が就任会見で、期待してる選手の中に、
当時で1軍経験のない陽川尚将選手の名前を挙げました。

阪神愛と実力と将来性と・・・、
何もかもがときめく陽川尚将選手です。

しかし、陽川尚将さんが巨人への入団を拒否した明確な理由って何ですかね?

陽川尚将が巨人の入団を拒否した理由

陽川尚将入団拒否理由巨人阪神ファン

陽川尚将選手は東京農業大学から阪神にドラフトされると、
入団会見の中で自身が子供の頃からの阪神ファンであることを明かしました。

高校生の頃に巨人への入団拒否をしたのは、
やはり阪神愛が強すぎたせいでしょうか?

遡ると、陽川尚将さんが金光大阪から巨人に指名されたのは、
育成枠でのドラフト3位と言う内容でした。

正直、給料面でも、将来性でも、
あまり美味しい条件ではなかったのです。

阪神に入りたいという気持ちも強かったと思いますが、
単純に条件として危険を感じて入団拒否した可能性もあります。

高校生のプロ志願提出に関して、
所属する高校の監督やコーチから言及されることも多いです。

PL学園から中日にドラフト1位で入団した立浪選手は、
当時の中村監督からは、評価が低ければプロ入りするなと言われてました。

陽川尚将さんの阪神魂だけでなく、
入団拒否した背景には周囲の先輩や指導者からの、
冷静なアドバイスがあった可能性があります。

仮に好条件でドラフト3位以上で巨人から指名されていた場合は、
さすがに陽川尚将さんも入団を考えたことでしょう。

スポンサードリンク



陽川尚将は韓国戦での怪我や病気などを乗り越えた苦労人

大学からプロ入りして早3年が経った陽川尚将選手。
今、思えば、1軍に出場する機会が遅いようにも感じます。

しかし、プロ入り後の陽川尚将さんのことを調べてみると、
過去に色々と怪我や病気に振り回された時期があったことわかりました。

陽川尚将さんは2013年のドラフトにて3位で阪神に入団

プロ1年目を迎えた2014年には、春のキャンプ前に、
内科的疾患という病気で入院することとなりました。

復帰後は2軍で長打を連発するなど活躍し、
2015年は開幕1軍がほぼ内定していましたが、
韓国の三星ライオンズとの練習試合の中で、まさかの怪我!

守備中にダイビングキャッチを試みて、
左肩を脱臼してしまったのです・・・。

1年目の病気に続いて、2年目は怪我で1軍を逃すという不運、
何かに取り憑かれたように、悪いことが付き纏ってますね・・・。

しかし、2年目も2軍で長打をガンガン放ち、
フレッシュオールスターの選抜に選出されました。

陽川尚将韓国病気怪我金光大阪評価

金本監督に期待されながら迎えた今年2016年ですが、
オープン戦ではまさかの打撃不調で開幕1軍は獲得となりませんでした。
それでも、順調に結果を残し、ようやく1軍デビューを果たした格好です。

昨日の横浜戦でのプロ初ホームランは、
新人王の呼び声高い、今永投手からでした。

打線が沈黙してる中での一発だったので、
阪神ファンにとってはインパクトの強い、
プロ初ホームランとなったことでしょう!

苦労人が今年いきなり大暴れの予感です・・・。
若くして苦労を乗り越えてる選手って魅力ですよね!

陽川尚将は金光大阪時代から高評価!

陽川尚将選手は高校時代からプロ注目選手で、
最終的には巨人から育成ドラフト3位をもらえる実力でした。

高校通算で36本塁打と、そのホームランバッターとして気質は十分。

高校2年の頃にはショートでレギュラーを獲得し、
夏には中田翔率いる大阪桐蔭を破って甲子園を決めたメンバーにいました。

打撃が評価される反面、
プロ入り後には守備に課題があり、
今年からは外野の守備も練習しているようです。

出場機会を増やして、阪神の得点力を上げるのならば、
やはり陽川尚将選手を外野でも出場させるべきですよね!

今年一年は、ガチに金本監督の期待に応えそうな陽川尚将さん、
シーズンが終わるまでに、この2年間の鬱憤を晴らして欲しいです。


スポンサードリンク